For No One

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

不思議な事件「ディアトロフ峠事件」

f:id:koumech:20200712153952p:plain

1959年2月2日の夜、当時のソ連領で雪山登山をしていた男女9人が死亡した事件。不可解な点が多く近年まで調査が進んでいる(事件名称の「ディアトロフ」とはグループのリーダーの名前からであり、峠の名前ではない)。 

不可思議な点

ポイント

・摂氏マイナス30度の極寒の中、テントを内側から引き裂いて裸足で外に飛び出していた。

・犠牲者の衣服に、高い線量の放射能汚染が認められた

・大量の金属くずがこの地域に置かれていた。

・彼らの肌の色が「濃い茶褐色」になっていた。

・事件のあった夜、事件現場方向の夜空に奇妙なオレンジ色の光球の目撃報告があった。

・彼らのカメラのフィルムの最後には「光体」のようなものが映されていた。

・争った形跡が無いのに、頭蓋骨骨折や肋骨損傷、眼球や舌の喪失があった。

・これらは自動車事故に相当する非常に強い衝撃によるものであった。

事件の経緯

一行は男性8名女性2名からなり、スキーでのトレッキングが目的であった。グループの多くはウラル科学技術学校(現在のウラル工科大学)の学生か卒業生だった。
 
一行の最終目的地は、事件発生現場から約10キロメートルの山に設定されていた。ルートはこの時期ととしては難易度が高いものであったが、一行の全員が長距離スキー旅行や山岳遠征の経験を有していた。
 
1月27日、一行は有人集落ヴィジャイから出発した。これ以降生前の一行と遭遇した人間は現在に至るまで見つかっていない。ここから先の一行の行動は、事件後に発見された日記やカメラに撮影された写真などを材料に推定されたものである。
 
1月31日一行はオトルテン山麓に到達し、翌2月1日、一行はオトルテン山へ続く渓谷へと分け入った。悪天候と吹雪による視界の減少によって方向を見失い迷った結果、何の遮蔽物もない山の斜面にキャンプを設営した。
 

事件発覚と捜査

一行が登山を終えてヴィジャイに戻り次第、ディアトロフが速やかに電報を送ることになっていたが連絡がないため、2月20日に親族たちの要請で、ウラル科学技術学校はボランティアの学生や教師からなる最初の救助隊を送った。その後軍と警察が腰を上げ、救助活動はヘリコプターや航空機を投入した大規模なものとなった。
 
2月26日、捜索隊が酷く損傷して放棄されたテントを発見した。テントは内側から切り裂かれ荷物はテントに置き去りになっていた。8つないし9つの靴下の足跡、片足だけ靴を履いた足跡、そして裸足の足跡が、近くの森に向かって続いていたが、500メートル進んだところで、雪に覆われて見えなくなった。
捜索隊は森のはずれで、下着姿で靴を履いていない2名の遺体と焚き火の跡を発見した。さらに森のはずれとキャンプ地の間で、3人の遺体を発見。遺体はそれぞればらばらの位置で見つかり、テントに戻ろうとしていたことを示唆していた。
 
残り4人の遺体は、さらに森に分け入った先にの渓谷の中で5月に発見された。
 
検死の結果、最初の5人は死に直接結びつく怪我は負っていなかったことがわかり、5人全員の死因が低体温症であることが判明した。
5月に発見された4人のうち3人は致命傷を負っていた。検死した博士は、このような損傷を引き起こす力は非常に強いものであり、交通事故の衝撃に匹敵するとしている。特筆すべきは、遺体は外傷を負っておらず、あたかも非常に高い圧力を加えられたかのようであったことと、ドゥビニナが舌を失っていたことであった。
気温が摂氏マイナス25度から30度と極めて低く、嵐が吹き荒れていたにもかかわらず、遺体は薄着だった。彼らの内の何人かは片方しか靴を履いておらず、同時にその他の者は靴を履いていなかったか、靴下しか履いていなかった。
 
捜査は1995年に終了し、事件の原因は自然現象(雪崩や暴風など)によりテントが埋もれる、倒れるなどし、パニックになった一行は内側からテントを切り裂き脱出した(薄着や裸足であったのはこのため)、5月に見つかった4名の身体の損傷は滑落によるものであるとされた。
 

疑問点

しかし、以下の点から様々な疑念が浮かんでいる。
 
・雪崩は傾斜30度以上で発生することが多く、この一帯は傾斜15度。 
・何人かの犠牲者の衣服に、高い線量の放射能汚染が認められた。
・資料は機密文書保管庫に送られ、幾つかの資料が失われていた。
・一行の葬式に出席た者が、彼らの肌の色が「濃い茶褐色」になっていたと回想している。
・幾つかのメンバーたちの衣類が高い線量の放射能で汚染されていた。
・事件のあった夜、事件方向の夜空に奇妙なオレンジ色の光球の目撃証言がある
・同様の“光球”は、1959年2月から3月にかけて目撃されており、これらは後にR-7大陸間弾道ミサイルであったことが証明されている。
・大量の金属くずが、この地域に置かれていた。
・一部の報告は、軍がこの地域を(何らかの目的で)密かに利用し、そのことの隠蔽に取り組んできたのではないかという憶測に繋がる
・一行の最後のキャンプ地は、R-7大陸間弾道ミサイルの試験発射が行われていたバイコヌール宇宙基地に直接通じる道の途上に位置していた。
・テント内に残されたカメラのフィルムの最後に「光体」のようなものが写っていた。
・事件を元にした小説がいくつか検閲で出版拒否されている。
・事件を元にした小説家が所有していた資料が全て失われている。
・事件の物品目録の中で言及されていた謎の封筒に関するページが、資料から消されていた。
・当時の捜査チームは地域の高級官僚から“飛行する球体”に関する資料を機密にするよう、直接指示を受けた。
 

以上のような情報からUFO説や核ミサイル説なども浮上し、この事件をミステリアスなものとしている。

 

まとめ 

2019年にロシアの検察庁が再調査結果を発表したが、こちらも自然現象による事故であると結論づけている。
衣類の放射線については大気汚染でもありえる範囲で(実験場から放射線が届いた可能性も)もし核爆発であればこの程度の量ではすまない。肌が褐色だったのも日焼けについても長時間雪原で日光に晒されていれば起こり得る。
つまりただの遭難事件に過ぎないが、捜査情報の中に何かしらの軍事機密に触れる点があったことで機密保持の力が働き、様々な疑念を生み後世に語られる事件となったと思われる。