For No One

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

【就活】面接必勝法/準備編 面接官がまず見ること

f:id:koumech:20190106133044j:plain

 就活においてもっとも重要なポイントは「面接」です。

 

面接とは、あなたの人柄や能力をプレゼンする場であり、

企業側は「この人物を採用して当社にメリットがあるか」を見定める場です。

「ちゃんと話せるだろうか?」「何を話したらいいのだろう?」

などなど不安も多いと思います。

 

私は人事担当として面接官もしておりますので

その経験から必勝法をアドバイスしていきたいと思います。

 

 

 

 何を話すかの前にまずは真剣さが問われる

面接官が根底で持っている視点は、

この人を仲間にして良いか?」「お付き合いして良いか?」ということです。

 

皆さんも異性に告白されることをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

まず大事にするのは「真剣さ」ではないでしょうか?

「あなたのことはそれほど好きではないのでどっちでも良いけど、付き合ってください」

と言われたらどうでしょうか?良い気はしないですよね(笑)

 

 

話が上手だと思っている人ほど失敗しやすい

 

面接をしていて一番マイナス印象なのは

 

「自分はアドリブで話ができる」

「準備した言葉を言っても自分の良さは伝わらない」

「その場の雰囲気に合わせればOK」

 

という気持ちから、ノー準備、ノープランで面接に望む方です。

おそらく仲間内でも人気者だったりするタイプなのでしょう。

 

上記の気持ちは悪いことではないのですが、

結果 「何も準備をしてきていない」=「誠実でない」

という印象になります。

 

たとえ、用意した言葉を言うだけでも、

緊張して言葉がうまく出なかったり、噛んでしまったりしても

「きちんとこの面接のために準備してきたな」という様子が伺えれば

必ずプラスの印象に繋がります。

 

面接の場に立つ前に準備に使った時間は、面接官には伝わります。

あれこれテクニックを学ぶ以前に、基本は人と人が向き合う場であることを認識しましょう!

 

次回はもう少し細かく準備の心構えを書きます。

 

www.fornoone.work